顔クリームを取っている女性

美白効果のあるハイドロキノンはシミの治療などに使われる薬ですが、その効果副作用についてよく知らないという人もいるでしょう。この薬がなぜ効果的なのか知りたいという場合、まずはシミができる仕組みについて知っておく必要があります。シミというのはメラニン色素が沈着してできるものです。表皮の奥にメラノサイトという細胞があり、そこからメラニン色素が作り出されています。

メラニン色素はもともと紫外線などの外部刺激から肌を守るために作られるものです。紫外線が肌の内部に侵入した場合、DNAが傷ついてしまいます。通常ならメラニン色素が生成されても肌に沈着することはなく、肌のターンオーバーによって自然に剥がれ落ちるという仕組みです。しかし、何らかの原因でターンオーバーが乱れてしまった場合、上手く排出されなくなってシミなどの肌トラブルを引き起こすということです。

美白効果のある成分にはいくつかの種類があります。メラニン色素の生成を抑制するタイプや排出するタイプなどが知られています。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑制することにより、シミを予防する成分です。この薬を使えばメラニン色素自体が作られなくなるため、シミもできなくなるということです。

ハイドロキノンは主にシミ治療で使われますが、他にも改善効果が期待できる肌トラブルがあります。シミ以外ではそばかすや肝斑、ニキビ、炎症などの治療にも効果を発揮します。ハイドロキノンは他の美白成分と比べて非常に作用が強いため、さまざまな症状に使用されています。

ハイドロキノンは効果が高い薬ですが、誰でも手軽に使用できるものではありません。場合によっては副作用が出ることもあるので注意が必要です。副作用のリスクを避けたいという場合、肌の様子を確認しながら慎重に使うことが大切です。特に高濃度のハイドロキノンを使用する場合は注意しましょう。

ハイドロキノンで最も起こりやすい副作用は肌の赤みや炎症です。口コミや体験談をチェックすると、実際に多くの人がこの副作用を感じています。メラニン色素は肌の深い部分で生成されますが、そのメラニン色素に働きかけるということはそれだけ奥まで浸透する成分であると言えます。そのため体に何らかの影響を与えるのは仕方ないことでしょう。心配な場合は最初から高濃度のものを使うのではなく、まずは濃度の低いものから試してみるのがおすすめです。

ハイドロキノンはできてしまったシミを薄くする成分ではなく、メラニン色素の生成を抑えるタイプの成分です。そのため白斑という副作用にも注意が必要です。白斑は肌の色素が薄くなったり、白くなってしまう症状のことであり、シミ以外の部分に症状が出てしまうことが原因です。これも気になる副作用の一つですが、使い方が間違っていると発生しやすくなると言われています。安全にハイドロキノンを使いたいという場合、必要な部分のみにムラなく付けることが大切です。

高濃度のハイドロキノンには発がんリスクが存在すると言われることもありますが、実際に深刻な健康被害などは報告されていません。そのためそこまで神経質にならなくて良いでしょう。ですが、自己流の使い方をすると副作用が発生しやすくなるので注意が必要です。

ハイドロキノンは酸化しやすく不安定な成分です。酸化したものを肌に付けてしまった場合、赤みや炎症などが発生しやすくなるので注意しましょう。そのため使用方法を守るだけでなく、使用期限や保管方法を守ることも大切です。

4%以上のものは医薬品として扱われており、高い効果が期待できます。しかし、その分肌への負担も大きくなりますし、副作用も発生しやすくなります。敏感肌の人などは特に注意が必要です。肌に異常が出たらすぐに使用を中止しましょう。

記事一覧
ニキビをつぶすとどうなってしまうのか 2020年04月29日

顔にできたニキビは気になりますし、潰してしまいたくなるかもしれません。炎症を起こす前に皮脂の塊を出した方が良いと考えている人も多いでしょう。ですが、基本的に肌ト...

授乳中に増えたシミにはにハイドロキノンを使わないで! 2020年03月21日

ハイドロキノンは毒性の弱い成分ですが、使用する時期には注意が必要です。妊娠中や出産後はホルモンバランスが乱れるため、シミやそばかすなどができやすくなると言われて...

ハイドロキノンは処方箋をもらう以外に入手手段はない?通販という手も 2020年02月23日

シミ予防やできてしまったシミを薄くするため、ハイドロキノンを使用したいという女性も多いでしょう。この成分は酵素チロシナーゼの働きを抑制することにより、新たなメラ...

ハイドロキノンは酸化されやすい、茶色になったら使用をやめて 2020年01月26日

ハイドロキノンを安全に使う時にはその保管方法にも注意が必要です。正しい方法で保管して使用しなかった場合、肌荒れなどの肌トラブルの原因になることもあるので注意しま...

ハイドロキノンの副作用が怖い時は腕の内側でパッチテスト 2019年12月29日

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれることもあり、シミやそばかすなどの色素沈着に高い効果を発揮してくれます。美白効果があるので使ってみたいけれど、肌荒れや色素沈着...

トレチノインとハイドロキノンの併用は美白効果絶大 2019年12月26日

トレチノインとハイドロキノンを併用することにより、高い美白効果が期待できます。この2つは相性の良い成分ですが、併用するとどのように肌に影響を与えるのかチェックし...

ハイドロキノンはシミだけではなくニキビにも効果的 2019年12月24日

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれており、シミやそばかすなどの治療で使われることが多い薬です。肌の新陳代謝を上昇させることにより、古い角質を剥がして肌トラブルを...

ハイドロキノン使い始めは乾燥も、保湿を心がけて 2019年12月22日

ハイドロキノンを使うと一時的に肌のバリア機能が低下するため、普段よりも乾燥が進行しやすくなります。保湿力が不足しやすくなりますし、痒みなどの副作用が出やすくなる...