• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンの併用は美白効果絶大

トレチノインとハイドロキノンの併用は美白効果絶大

肌がきれいなので満足をする女性

トレチノインとハイドロキノンを併用することにより、高い美白効果が期待できます。この2つは相性の良い成分ですが、併用するとどのように肌に影響を与えるのかチェックしておきましょう。正しい方法でケアをすることで肌を綺麗にすることができます。

トレチノインというのはビタミンA誘導体のことです。もともと体内に少量存在しているため、アレルギー反応を引き起こすなどの心配はありません。

トレチノインには皮膚の古い角質を剥がすという役割があります。また、表皮の細胞を増殖させる効果もあるため、新陳代謝が高まることにより、メラニン色素が排出されやすくなります。さらに、皮脂の分泌を抑える効果やコラーゲンの生成を高める効果、肌に潤いを与える効果などもあります。

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する成分です。シミの原因となるメラニン色素をトレチノインで排出し、ハイドロキノンで新しいメラニン色素の生成を抑制することにより、効率よくシミの治療ができるとされています。そのため美白効果を得るためには、ハイドロキノン単独で使用するのではなく、トレチノインとの併用がおすすめです。

もともとシミはターンオーバーで排出されなかったメラニン色素が沈着したものです。そのためシミを除去するためにはターンオーバーを促進し、メラニン色素の排出を促す必要があります。トレチノインを使うと肌の新陳代謝が高まるため、シミに対して高い効果を発揮します。

しかし、通常よりもターンオーバーが早まることにより、肌への負担が大きくなります。結果として皮膚が剥がれ落ちたり、赤くなって炎症を起こしてしまうこともあります。肌は炎症を起こすとシミとなり、長く残ることもあるので見た目も気になってしまうでしょう。色素沈着を防ぐためには紫外線を避けることが大切であり、日焼け止めクリームなどによる紫外線対策が欠かせません。

ちなみに、トレチノインと相性の良いハイドロキノンを併用することにより、色素沈着を防ぐことができます。ハイドロキノンはメラニン色素を薄くする働きや、メラニン色素の生成を抑制するなどの働きがあります。そのため2つの薬を一緒に使うことにより、過剰なメラニン色素を排出しつつ、新たなシミができないように予防することもできるでしょう。

ハイドロキノンは肌に浸透しにくいという性質がありますが、トレチノインと一緒に使用することで肌に浸透しやすくなることもポイントです。それによって漂白作用が効率よく働くようになりますし、透明感のある肌を手に入れることに繋がります。

治療期間は個人差もありますが、だいたい3ヶ月程度でシミが薄くなるということです。古い角質を剥がす時に乾燥や赤みが発生することもあると知っておきましょう。このような症状が出ると心配になるかもしれませんが、治療を続けていくうちに少しずつ消えていきます。しかし、あまりに赤みが強い場合は炎症後色素沈着のリスクが高まるので注意が必要です。

関連記事
ハイドロキノンは酸化されやすい、茶色になったら使用をやめて 2020年01月26日

ハイドロキノンを安全に使う時にはその保管方法にも注意が必要です。正しい方法で保管して使用しなかった場合、肌荒れなどの肌トラブルの原因になることもあるので注意しましょう。きちんと保管しておけば肌に良い影響を与えてくれます。美白効果で有名なハイドロキノンですが、実はとても酸化しやすい成分であると言われて...

ハイドロキノンの副作用が怖い時は腕の内側でパッチテスト 2019年12月29日

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれることもあり、シミやそばかすなどの色素沈着に高い効果を発揮してくれます。美白効果があるので使ってみたいけれど、肌荒れや色素沈着などの副作用が不安だという人も多いかもしれません。ですが、実際には正しい方法で使用すれば安全な成分です。使用上の注意点や副作用を避ける方法に...

ハイドロキノンはシミだけではなくニキビにも効果的 2019年12月24日

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれており、シミやそばかすなどの治療で使われることが多い薬です。肌の新陳代謝を上昇させることにより、古い角質を剥がして肌トラブルを改善することができます。しかし、実はシミだけでなくニキビや吹き出物の治療にも効果的であることを知っておきましょう。ハイドロキノンは一般的な美...

ハイドロキノン使い始めは乾燥も、保湿を心がけて 2019年12月22日

ハイドロキノンを使うと一時的に肌のバリア機能が低下するため、普段よりも乾燥が進行しやすくなります。保湿力が不足しやすくなりますし、痒みなどの副作用が出やすくなることもあります。そこで一時的に低下したバリア機能を高めたいという場合、保湿ケアをきちんと行うことが大切です。化粧水や乳液などで保湿ケアを行う...