• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンの併用は美白効果絶大

トレチノインとハイドロキノンの併用は美白効果絶大

肌がきれいなので満足をする女性

トレチノインとハイドロキノンを併用することにより、高い美白効果が期待できます。この2つは相性の良い成分ですが、併用するとどのように肌に影響を与えるのかチェックしておきましょう。正しい方法でケアをすることで肌を綺麗にすることができます。

トレチノインというのはビタミンA誘導体のことです。もともと体内に少量存在しているため、アレルギー反応を引き起こすなどの心配はありません。

トレチノインには皮膚の古い角質を剥がすという役割があります。また、表皮の細胞を増殖させる効果もあるため、新陳代謝が高まることにより、メラニン色素が排出されやすくなります。さらに、皮脂の分泌を抑える効果やコラーゲンの生成を高める効果、肌に潤いを与える効果などもあります。

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する成分です。シミの原因となるメラニン色素をトレチノインで排出し、ハイドロキノンで新しいメラニン色素の生成を抑制することにより、効率よくシミの治療ができるとされています。そのため美白効果を得るためには、ハイドロキノン単独で使用するのではなく、トレチノインとの併用がおすすめです。

もともとシミはターンオーバーで排出されなかったメラニン色素が沈着したものです。そのためシミを除去するためにはターンオーバーを促進し、メラニン色素の排出を促す必要があります。トレチノインを使うと肌の新陳代謝が高まるため、シミに対して高い効果を発揮します。

しかし、通常よりもターンオーバーが早まることにより、肌への負担が大きくなります。結果として皮膚が剥がれ落ちたり、赤くなって炎症を起こしてしまうこともあります。肌は炎症を起こすとシミとなり、長く残ることもあるので見た目も気になってしまうでしょう。色素沈着を防ぐためには紫外線を避けることが大切であり、日焼け止めクリームなどによる紫外線対策が欠かせません。

ちなみに、トレチノインと相性の良いハイドロキノンを併用することにより、色素沈着を防ぐことができます。ハイドロキノンはメラニン色素を薄くする働きや、メラニン色素の生成を抑制するなどの働きがあります。そのため2つの薬を一緒に使うことにより、過剰なメラニン色素を排出しつつ、新たなシミができないように予防することもできるでしょう。

ハイドロキノンは肌に浸透しにくいという性質がありますが、トレチノインと一緒に使用することで肌に浸透しやすくなることもポイントです。それによって漂白作用が効率よく働くようになりますし、透明感のある肌を手に入れることに繋がります。

治療期間は個人差もありますが、だいたい3ヶ月程度でシミが薄くなるということです。古い角質を剥がす時に乾燥や赤みが発生することもあると知っておきましょう。このような症状が出ると心配になるかもしれませんが、治療を続けていくうちに少しずつ消えていきます。しかし、あまりに赤みが強い場合は炎症後色素沈着のリスクが高まるので注意が必要です。

関連記事
炎症が起こる前の白ニキビは自分でつぶしても問題ない? 2020年06月06日

毛穴に皮脂が詰まることにより、ニキビが発生してしまうと言われています。ニキビの芯が残ると気になってしまいますし、きちんと予防することを心がけましょう。一口にニキビといってもいろいろな種類があります。赤いものや白いものなどがありますし、種類によってどのような違いがあるのかよく分からないという人も多いで...

ニキビをつぶすとどうなってしまうのか 2020年04月29日

顔にできたニキビは気になりますし、潰してしまいたくなるかもしれません。炎症を起こす前に皮脂の塊を出した方が良いと考えている人も多いでしょう。ですが、基本的に肌トラブルが発生した時はその部分にあまり触らない方が良いといわれています。つまりクレンジングや洗顔の際などあまり患部を擦らないようにすることが大...

授乳中に増えたシミにはにハイドロキノンを使わないで! 2020年03月21日

ハイドロキノンは毒性の弱い成分ですが、使用する時期には注意が必要です。妊娠中や出産後はホルモンバランスが乱れるため、シミやそばかすなどができやすくなると言われています。シミやそばかすが顔にできると気になりますし、すぐにケアしたいという人もいるでしょう。シミやそばかすに高い効果があるため、妊娠中や授乳...

ハイドロキノンは処方箋をもらう以外に入手手段はない?通販という手も 2020年02月23日

シミ予防やできてしまったシミを薄くするため、ハイドロキノンを使用したいという女性も多いでしょう。この成分は酵素チロシナーゼの働きを抑制することにより、新たなメラニン色素が生成されないようにしてくれます。メラニン色素というのはもともと肌を守るために作られるものです。しかし、過剰に作られることでシミの原...

ハイドロキノンは酸化されやすい、茶色になったら使用をやめて 2020年01月26日

ハイドロキノンを安全に使う時にはその保管方法にも注意が必要です。正しい方法で保管して使用しなかった場合、肌荒れなどの肌トラブルの原因になることもあるので注意しましょう。きちんと保管しておけば肌に良い影響を与えてくれます。美白効果で有名なハイドロキノンですが、実はとても酸化しやすい成分であると言われて...