• ホーム
  • ハイドロキノンはシミだけではなくニキビにも効果的

ハイドロキノンはシミだけではなくニキビにも効果的

顔のクリームの瓶を持っている女性

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれており、シミやそばかすなどの治療で使われることが多い薬です。肌の新陳代謝を上昇させることにより、古い角質を剥がして肌トラブルを改善することができます。しかし、実はシミだけでなくニキビや吹き出物の治療にも効果的であることを知っておきましょう。

ハイドロキノンは一般的な美白成分の約100倍の美白作用があると言われています。非常に強い作用を持っており、間違った方法で使用すると皮膚炎やアレルギーを引き起こすリスクもあります。そのため基本的にはドクターによる処方が必要です。

ニキビや吹き出物ができると気になるかもしれませんが、間違った方法で処置すると跡として残ってしまうこともあるため、正しい方法で処置することが大切です。ニキビというのは皮膚の炎症であり、肌はその炎症から細胞を守るためにメラニン色素をたくさん生成します。メラニン色素と聞くと悪いイメージがあるかもしれませんが、本来なら紫外線など外部の刺激から肌を守るために作られるものです。

通常なら新陳代謝によって過剰に作られたメラニン色素は排出されるので問題ありません。しかし、肌の新陳代謝が上手く行われなかった場合、肌にメラニン色素が残ることで色素沈着してしまいます。ニキビが悪化して真皮の細胞が傷付くことにより、シミになってずっと残ってしまう可能性もあります。

ニキビ跡を綺麗に治すためには新陳代謝を上昇させて、過剰に生成されたメラニン色素を排出する必要があります。メラニン色素を排出する方法はいろいろありますが、短期間で効率よく色素沈着を改善したい場合に最適なのがハイドロキノンを使用する方法です。ハイドロキノンには美白効果があるため、ニキビによる色素沈着に対して高い効果を発揮してくれます。

ニキビの治療のためにハイドロキノンを使用したいという場合、皮膚科などで処方してもらう必要があります。メラニン色素はチロシンがチロシナーゼによって酸化されることで発生し、色素沈着の原因となります。ハイドロキノンはチロシナーゼが増加することを防ぐことができるため、メラニン色素が生成されにくくなるということです。

ちなみに、ハイドロキノンには皮膚炎やアレルギーなどのリスクもあるため、ニキビの治療で使う場合には注意が必要です。ハイドロキノンを塗るとメラニン色素の生成が抑制されます。肌を刺激から守る物質の生成が抑制されることになるため、紫外線を浴びると肌への負担が大きくなります。そのため昼間より紫外線の少ない夜に塗るのが良いでしょう。昼間に塗る場合は紫外線対策が欠かせません。また、1日中紫外線に当たる日などは使用しない方が良いでしょう。

ハイドロキノンはニキビによる色素沈着にも効果的な薬ですが、使用する際にはいろいろな注意点があると知っておきましょう。まずはドクターにきちんと相談してから使い始めるようにするのがおすすめです。

関連記事
炎症が起こる前の白ニキビは自分でつぶしても問題ない? 2020年06月06日

毛穴に皮脂が詰まることにより、ニキビが発生してしまうと言われています。ニキビの芯が残ると気になってしまいますし、きちんと予防することを心がけましょう。一口にニキビといってもいろいろな種類があります。赤いものや白いものなどがありますし、種類によってどのような違いがあるのかよく分からないという人も多いで...

ニキビをつぶすとどうなってしまうのか 2020年04月29日

顔にできたニキビは気になりますし、潰してしまいたくなるかもしれません。炎症を起こす前に皮脂の塊を出した方が良いと考えている人も多いでしょう。ですが、基本的に肌トラブルが発生した時はその部分にあまり触らない方が良いといわれています。つまりクレンジングや洗顔の際などあまり患部を擦らないようにすることが大...

授乳中に増えたシミにはにハイドロキノンを使わないで! 2020年03月21日

ハイドロキノンは毒性の弱い成分ですが、使用する時期には注意が必要です。妊娠中や出産後はホルモンバランスが乱れるため、シミやそばかすなどができやすくなると言われています。シミやそばかすが顔にできると気になりますし、すぐにケアしたいという人もいるでしょう。シミやそばかすに高い効果があるため、妊娠中や授乳...

ハイドロキノンは処方箋をもらう以外に入手手段はない?通販という手も 2020年02月23日

シミ予防やできてしまったシミを薄くするため、ハイドロキノンを使用したいという女性も多いでしょう。この成分は酵素チロシナーゼの働きを抑制することにより、新たなメラニン色素が生成されないようにしてくれます。メラニン色素というのはもともと肌を守るために作られるものです。しかし、過剰に作られることでシミの原...

ハイドロキノンは酸化されやすい、茶色になったら使用をやめて 2020年01月26日

ハイドロキノンを安全に使う時にはその保管方法にも注意が必要です。正しい方法で保管して使用しなかった場合、肌荒れなどの肌トラブルの原因になることもあるので注意しましょう。きちんと保管しておけば肌に良い影響を与えてくれます。美白効果で有名なハイドロキノンですが、実はとても酸化しやすい成分であると言われて...