• ホーム
  • 炎症が起こる前の白ニキビは自分でつぶしても問題ない?

炎症が起こる前の白ニキビは自分でつぶしても問題ない?

毛穴に皮脂が詰まることにより、ニキビが発生してしまうと言われています。ニキビの芯が残ると気になってしまいますし、きちんと予防することを心がけましょう。一口にニキビといってもいろいろな種類があります。赤いものや白いものなどがありますし、種類によってどのような違いがあるのかよく分からないという人も多いでしょう。また、炎症が起こる前の白ニキビなら潰しても大丈夫という話を聞いたことがあるかもしれません。

医学的にはニキビの種類というものはありません。白ニキビや赤ニキビというのは、あくまで症状の段階を表した言葉です。最初は白ニキビから始まり、黒や赤、黄色とだんだん悪化していくという流れです。

白ニキビは角質が厚くなり、毛穴に皮脂が溜まっている状態のことを指します。まだ炎症が起こる前の段階であり、潰してしまっても大丈夫です。皮脂を除去することで炎症を予防することができますし、ニキビの治りが早くなるでしょう。

しかし、既に炎症を起こしている赤ニキビや黄色ニキビを潰すのは良くありません。これらを潰すと見た目は平らになって治ったように見えるかもしれません。ですが、内部では炎症が起こっているため、潰した時に傷口から雑菌が入り込み、炎症がさらに長引いてしまうこともあります。炎症が長引くと色素沈着が残りやすくなるので注意しましょう。この状態になってしまったニキビは潰すのではなく、炎症を抑える薬を使って治療することが大切です。

ニキビというのは通常なら何もしなくても自然に消えて治っていきます。しかし、一度炎症を起こしているため、その部分は茶色く色素沈着を起こして落ち着くということです。綺麗に治したい場合は患部に触らないようにしましょう。

ニキビが自然に消えるまでには時間がかかりますが、白ニキビの段階で潰しておくことで早く治ることに繋がります。ですが、正しい方法で潰さないと再発しやすくなりますし、ニキビ跡の原因になることもあるので注意が必要です。

自身でニキビを潰す場合、清潔な針とエタノール、ガーゼ、軟膏を用意する必要があります。まずはガーゼにエタノールを含ませて針を殺菌し、丁寧にエタノールを拭き取ります。そして、ニキビの白いところに針先を1mm程度刺しましょう。奥まで刺してしまうと出血してしまうことがあるので注意が必要です。あくまでもニキビの表面に穴を空け、膿の出口を作る程度にしておくことがポイントです。

そして、指の腹で優しく押して中の芯を出していきますが、芯を全て出してしまうのは良くありません。ニキビの内部には雑菌がたくさん入った袋状の膜があります。芯を全て出そうとしてこの膜が破れた場合、逆に症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

炎症が拡大して基底層や真皮層に広がることもありますし、ニキビ跡が残ってしまうこともあるでしょう。また、潰す時に爪を立てるのも良くありません。色素沈着を防ぐためには指の腹を使用し、優しく潰していくことがポイントです。次にガーゼにエタノールを含ませて、患部を消毒します。最後に患部に軟膏を塗り、その後は自然治癒を目指しましょう。

関連記事
ニキビをつぶすとどうなってしまうのか 2020年04月29日

顔にできたニキビは気になりますし、潰してしまいたくなるかもしれません。炎症を起こす前に皮脂の塊を出した方が良いと考えている人も多いでしょう。ですが、基本的に肌トラブルが発生した時はその部分にあまり触らない方が良いといわれています。つまりクレンジングや洗顔の際などあまり患部を擦らないようにすることが大...

授乳中に増えたシミにはにハイドロキノンを使わないで! 2020年03月21日

ハイドロキノンは毒性の弱い成分ですが、使用する時期には注意が必要です。妊娠中や出産後はホルモンバランスが乱れるため、シミやそばかすなどができやすくなると言われています。シミやそばかすが顔にできると気になりますし、すぐにケアしたいという人もいるでしょう。シミやそばかすに高い効果があるため、妊娠中や授乳...

ハイドロキノンは処方箋をもらう以外に入手手段はない?通販という手も 2020年02月23日

シミ予防やできてしまったシミを薄くするため、ハイドロキノンを使用したいという女性も多いでしょう。この成分は酵素チロシナーゼの働きを抑制することにより、新たなメラニン色素が生成されないようにしてくれます。メラニン色素というのはもともと肌を守るために作られるものです。しかし、過剰に作られることでシミの原...

ハイドロキノンは酸化されやすい、茶色になったら使用をやめて 2020年01月26日

ハイドロキノンを安全に使う時にはその保管方法にも注意が必要です。正しい方法で保管して使用しなかった場合、肌荒れなどの肌トラブルの原因になることもあるので注意しましょう。きちんと保管しておけば肌に良い影響を与えてくれます。美白効果で有名なハイドロキノンですが、実はとても酸化しやすい成分であると言われて...

ハイドロキノンの副作用が怖い時は腕の内側でパッチテスト 2019年12月29日

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれることもあり、シミやそばかすなどの色素沈着に高い効果を発揮してくれます。美白効果があるので使ってみたいけれど、肌荒れや色素沈着などの副作用が不安だという人も多いかもしれません。ですが、実際には正しい方法で使用すれば安全な成分です。使用上の注意点や副作用を避ける方法に...